大切にしていること。そして、めざすもの。

HK Technology 私たちについて

HK Technology 会社概要

当社は放射線汚染物質を水から除去する特殊なフィルターの製作会社として設立しました。『和以・成長・不屈・誠実・感謝』を社是に掲げ、今後もお客様にとって付加価値の高い製品、サービスを提供します。

商号
HKテクノロジー株式会社
代表者
代表取締役社長 髙木祐
所在地
兵庫県神戸市西区森友2丁目15-5
連絡先
TEL : 078-922-5555
FAX : 078-922-5005
設立
2015年7月17日
資本金
100万円
業務内容
汚染物質除去フィルターの製作
金属部品の加工製作および販売
販売代行業 エンジニアリングコンサルティング
社員数
29名(パート社員を含む)
技術顧問
東北大学未来科学技術共同研究センター教授 庄子 哲雄
九州大学名誉教授 元副学長 村上 敬宜
主要取引先
株式会社神戸工業試験場
小津産業株式会社KMTLエッジテック株式会社
株式会社テック・アールアンドディス
川本重工株式会社松田鋼管株式会社
主要取引銀行
三菱東京UFJ銀行 明石支店

会社概要

当社は放射線汚染物質を水から除去する特殊なフィルターの製作会社として設立しました。『和以・成長・不屈・誠実・感謝』を社是に掲げ、今後もお客様にとって付加価値の高い製品、サービスを提供します。

商号 HKテクノロジー株式会社
代表者 代表取締役社長 髙木祐
所在地 兵庫県神戸市西区森友2丁目15-5
連絡先 TEL :078-922-5555FAX :078-922-5005
設立 2015年7月17日
資本金 100万円
業務内容 汚染物質除去フィルターの製作
金属部品の加工製作および販売
販売代行業 エンジニアリングコンサルティング
社員数 29名(パート社員を含む)
技術顧問 東北大学未来科学技術共同研究センター教授 庄子 哲雄
九州大学名誉教授 元副学長 村上 敬宜
主要取引先 株式会社神戸工業試験場
小津産業株式会社KMTLエッジテック株式会社
株式会社テック・アールアンドディス
川本重工株式会社松田鋼管株式会社
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行 明石支店

社長あいさつ

当社の社会における使命は『安全・安心を一歩前に』です。
『安全』と『安心』はいつの時代にも、どんな業界でも求められますが、それは常に完璧になることはありません。
当社は独自性の高いユニークな技術をもって製品・サービスを開発し、お客様の『安全』『安心』を一歩前に進める存在でい続ける為に、日々成長と達成を繰り返します。
まだ歴史も浅く限られた組織ではありますが、歴史が浅いからこそ『型』にとらわれない柔軟なチャレンジができ、また限られた組織だからこその素早い意思決定、アットホームな職場の雰囲気はより高みへと上昇するチームの形成ができると信じてやみません。
日々、開発・営業・製造・品質保証・財務・労務など、事業全般に関わる事業品質を高め、お客様・社会、そして社員により愛される企業として発展して参ります。
これからのHKテクノロジーの活躍にご期待ください。

代表取締役社長 高木祐

HKテクノロジー

社長あいさつ

当社の社会における使命は『安全・安心を一歩前に』です。
『安全』と『安心』はいつの時代にも、どんな業界でも求められますが、それは常に完璧になることはありません。
当社は独自性の高いユニークな技術をもって製品・サービスを開発し、お客様の『安全』『安心』を一歩前に進める存在でい続ける為に、日々成長と達成を繰り返します。
まだ歴史も浅く限られた組織ではありますが、歴史が浅いからこそ『型』にとらわれない柔軟なチャレンジができ、また限られた組織だからこその素早い意思決定、アットホームな職場の雰囲気はより高みへと上昇するチームの形成ができると信じてやみません。
日々、開発・営業・製造・品質保証・財務・労務など、事業全般に関わる事業品質を高め、お客様・社会、そして社員により愛される企業として発展して参ります。
これからのHKテクノロジーの活躍にご期待ください。

代表取締役社長 高木祐

社是

社是

  1. 【 和以(和を以て)】
  2. お客様との価値あるパートナーシップを構築していくこと。
    和(日本)の良さを活かし、世の中に貢献すること。
    社員がお互いに信じあい、仲良くあること。
  3. 【 成長 】
  4. 社員が人間として成長できる組織であること。
    お客様の成長、社会の成長と発展に寄与すること。
    企業として着実に成長し、雇用の拡大に努めること。
  5. 【 不屈 】
  6. 困難や課題に隠れた機会を見出し、発展につなげること。
    Never Give Upの精神で社業に取組むこと。
  7. 【 誠実 】
  8. お客様に誠実な製品開発、製造、販売を行うこと。
    社員ひとりひとりが誠実な姿勢で社業に取組むこと。
  9. 【 感謝 】
  10. 社業が継続できること、お客様がいること、製品があること、従業員がいること、協力企業様がいることへの尊敬と感謝の心を忘れないこと。

社是

  1. 【 和以(和を以て)】
  2. お客様との価値あるパートナーシップを構築していくこと。
    和(日本)の良さを活かし、世の中に貢献すること。
    社員がお互いに信じあい、仲良くあること。
  3. 【 成長 】
  4. 社員が人間として成長できる組織であること。
    お客様の成長、社会の成長と発展に寄与すること。
    企業として着実に成長し、雇用の拡大に努めること。
  5. 【 不屈 】
  6. 困難や課題に隠れた機会を見出し、発展につなげること。
    Never Give Upの精神で社業に取組むこと。
  7. 【 誠実 】
  8. お客様に誠実な製品開発、製造、販売を行うこと。
    社員ひとりひとりが誠実な姿勢で社業に取組むこと。
  9. 【 感謝 】
  10. 社業が継続できること、お客様がいること、製品があること、従業員がいること、協力企業様がいることへの尊敬と感謝の心を忘れないこと。